記事詳細ページ

なぜ無料で利用できるのですか?

通常、専門的なことは、中立的な立場で相談にのってくれる専門家がいるものです。

法律のことなら弁護士 

税金のことなら税理士 

年金のことなら社会保険労務士などです。

不動産の売買は第三者の仲介業者が入るのは当たり前です。

 

スポーツの世界でも、プロ選手が代理人をつけるのが当たり前になってきました。

玄人と素人の交渉事では、断然、玄人の方が有利です。それを少しでも対等な交渉に持っていくために専門家に相談したり、代理人を使うのです。

ところが、マイホームを建てるときは、売り手である業者に相談するしかないのが現状でした。

 

マイホームは、一生に一度の大事業ですから、代理人をつけて業者と交渉した方が有利にことを運べます。最低限、専門家のアドバイスだけでも受けられた方がいいでしょう。

最近では、ファイナンシャルプランナーや住宅コンサルタントのような住宅ローンの相談や土地購入のアドバイス、業者の斡旋をしてくれるところもでてきましたが、住宅会社サイドであったり、自分の得意分野に限られ、総合的なコンサルティングをしてくれるところはほとんどありません。

 

わたしは、「マイホーム希望者(消費者)」と「住まいづくりのプロ(住宅会社)」が、対等な関係づくりが大切だと考えています。

そのためには、消費者と住宅会社の間に立って代理人(仲人)のような役割を担い、場所とサービスを提供する専門家が必要なのです。

 

しかしながら、現状ではマイホーム希望者(消費者)が代理人(専門家)を有料で雇って交渉する時代にはなっておりません。

したがって、現在は住宅会社からご紹介手数料をいただいて企業の運営をしております。

 

住宅会社は、モデルハウスの建築、営業マンの採用・育成、広告宣伝や販売促進など、多くの経費をかけて営業しています。

おうちの相談窓口からのご紹介は、ご予算・資金計画、家族構成・住まいに関する要望、必要により土地まで決定して情報を提供しております。もちろん、個人情報保護方針にのっとり、お客様のご了解をいただいた上です。

住宅会社では、営業経費が大幅に節約できるので紹介手数料を負担しても十分に見合うのです。

 

本来の姿ではありませんが、中立な第三者の立場で、専門家として消費者に必要な情報を提供し、最適な住宅会社をご紹介することだけでも大きな貢献ができると思っています。

いずれ将来は、消費者から代理人料をいただき、真の代理店(仲人)として活動できればと考えております。

2019.04.17:[よくある質問/おうちの相談窓口について]
お問合せ/無料相談