記事詳細ページ

住宅工法の違い

住宅工法の違い:画像

住宅の工法とは、家の骨組みをつくる方法のことです。

工法によって材料や重さを支える仕組みが異なります。

 

大きく分けて、

木造軸組

ツーバイフォー

プレハブ

鉄筋コンクリート

の4つがあります。

 

各工法とも、自分の工法が一番強いといういい方をしますが、現在では、工法による強さの違いはほとんどないといっていいでしょう。

東日本大震災クラスの地震で倒れる住宅は、現在の建築基準法では建てられません。

 

各工法の特徴と主な会社をあげると次の通りです。

 

まず木造軸組工法ですが、

 日本の伝統的な工法で「在来工法」とも呼ばれ、最も多く採用されている工法です。

近年の技術開発によって、精密なプレカット(事前に木材の接合部を加工すること)や金物やパネルでの補強などにより、耐震・耐久性能の向上がはかられています。

 

代表的な住宅会社は、住友林業、タマホーム、日本ハウス、地元工務店など日本の住宅の70%はこの在来工法です。

 

次に、2×4(ツーバイフォー)です。

枠組み壁工法とも呼ばれ、おもにアメリカやカナダから輸入された工法で、輸入住宅の多くがこの工法で建てられています。

2インチ×4インチ(1インチは2.54僂任垢ら、約5×10僉砲粒兀爐鮖箸Δ海箸らツーバイフォーと呼ばれるようになりました。

最近では、2インチ×6インチ、2インチ×8インチの角材を使ったツーバイシックス、ツーバイエイトもあります。

 

代表的な住宅会社は、三井ホーム、北洲ハウジング、セルコホームなどです。

 

次が、プレハブ住宅です。

 プレハブとは、プレファブリケイティッド(前もって部品を組み立てる)からきた言葉です。工業化住宅ともいいます。

 

プレハブ住宅にも大きく分けて二種類あります。

軽量鉄骨プレハブと木質プレハブです。

 

軽量鉄骨プレハブメーカーは、積水ハウス、大和ハウス、セキスイハイム、トヨタホームなど、があります。

木質プレハブメーカーは、ミサワホーム、ヤマダホームズなどです。

最後が、鉄筋コンクリート住宅です。

RC住宅ともいいます。

補強されたコンクリート、つまり鉄筋コンクリートのことです。

 

現場で鉄筋を組み、コンクリートを流し込んでつくる工法です。

事前にパネルをつくって現場で組み立てる工法もあります。

百年住宅、大成パルコンなどがあります。

 

おうちの学校_動画「住宅工法の違い」はこちらです。

 

2020.07.08:[コラム]
お問合せ/無料相談